關於部落格
  • 4918

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

秋葉原旅遊資訊

參考網站;

http://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E8%91%89%E5%8E%9F

http://www.kandamyoujin.or.jp/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%94%B0%E6%98%8E%E7%A5%9E

http://www.geocities.jp/ynicojp2/

秋叶原

意指在日本秋叶原的电子商城区 (秋葉原電気街),是日本家电电脑资讯产品的主要商场。距离东京站或上野站五分钟的铁路车程。当地人常简称为Akiba。

秋叶原事实上是指此电子街的行政区域,JR在此有秋叶原站,就叫秋叶原,行政上属于东京都千代田区外神田。

秋叶原、大阪市的日本桥、名古屋市的大须一起被并称为“日本三大电子商城区”。


歷史

地名源自已迁至他处的“秋叶神社”。在第二次世界大战之前,此处是过度拥挤的社区。在东京大火之后,日本政府决定将此地建筑做大举的清理,以免大火从这里延烧到邻近的日本皇室宅院。


现代

目前秋叶原的商店数目相当多,大部份都卖电子产品、动画游戏、和成人用品。有人认为秋叶原可能是地球上最大的贩卖电子资讯产品地带,在秋叶原的主要街道中央通已成为新推出电子产品的主要竞争舞台,包括软件、硬件和二手物品等。而外神田三町目街上,则多贩卖电子零件、如配线、工具等等。在外神田的窄街上,则是数码相机、数位摄影机等的主要贩卖街道。此外也有一些大型的购物城如Laox,吸引了对小巷子迷糊的观光客购物。


神田明神

傳說建於730年的古神社,有一千三百年歷史,主管買賣興隆.節良緣.家庭圓滿。


平將門是該神社供奉的祭神之一

神田明神(かんだみょうじん)は東京都千代田区外神田二丁目にある神社。正式名称「神田神社」。神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神。社格は准勅祭社(東京十社)、府社、別表神社。


 歴史
社伝によれば、天平2年(730年)、武蔵国豊島郡芝崎村に入植した出雲系の氏族が、大己貴命を祖神として祀ったのに始まる。神田はもと伊勢神宮の御田(おみた=神田)があった土地で、神田の鎮めのために創建され、神田ノ宮と称した。

承平5年(935年)に敗死した平将門の首が京から持ち去られて当社の近くに葬られ、将門の首塚は東国の平氏武将の崇敬を受けた。嘉元年間(1303年 - 1306年)に疫病が流行し、これが将門の祟りであるとして供養が行われ、延慶2年(1309年)に当社の相殿神とされた。平将門神に祈願すると勝負に勝つといわれる。

江戸時代、江戸城増築に伴い現在地に遷座した。江戸城の鬼門除け、江戸総鎮守として尊崇され、神田祭の山車(当時は山車が中心だったが、明治に入ると電線の普及等により山車の数は大幅に減少した)は将軍上覧のために江戸城中に入ったので、一名「天下祭」とも言われ、江戸三大祭りの一つと言われる。現在「神田囃子」は無形文化財に指定されている。江戸初期に豪華な桃山風社殿が造営されたが、1923年の関東大震災で焼失した。その後再建され、1945年の東京大空襲では本殿・拝殿などは焼失を免れた。

明治元年、准勅祭社に指定されたが、明治7年、明治天皇が行幸するにあたって、天皇が参拝する神社に逆臣である平将門が祀られているのはあるまじきこととされて、平将門は祭神から外され、代わりに少彦名命が大洗磯前神社から勧請された。平将門神霊は境内摂社に遷されたが、戦後昭和59年(1984年)になって本社祭神に復帰した。

また、野村胡堂の代表作「銭形平次捕物控」の主人公・銭形平次が当神田明神下の長屋に住居を構えていたという設定から、敷地内に銭形平次の碑がある。(銭形平次自体は架空の人物)


祭神
祭神は3柱

一ノ宮:大己貴命(だいこく様)
二ノ宮:少彦名命(えびす様)
三ノ宮:平将門神(まさかど様)

伝説
この神田明神を崇敬する者は成田山新勝寺を参拝してはいけない事と云われている。これは当時の朝廷から見て東国(関東)において叛乱を起した平将門を討伐するため、僧寛朝を神護寺護摩堂の空海作といわれる不動明王像と供に現在の成田山新勝寺へ使わせ平将門の乱鎮圧のため動護摩の儀式を行わせた。即ち、成田山新勝寺を参拝することは平将門を苦しめる事となるので、神田明神崇敬者は成田山の参詣をしてはならないとされている。

なお、同じく平将門を祭神とする築土神社にも同様の言い伝えがあり、成田山へ参詣するならば、道中に必ず災いが起こるとされた。平将門に対する信仰心は、祟りや厄災を鎮めることと密接に関わっていたのである。


湯島聖堂

湯島聖堂的孔子雕像是明朝遺臣朱舜水帶至日本

位於東京文京區的湯島聖堂,內有大成殿供奉孔子,每年四月第四個周日由「斯文會」舉辦隆重的祭孔大典。
在奏雅樂開啟祭壇門之後,由祭主「斯文會」的名譽會長,同時也是德川家康的後代德川恆孝宣讀祝文,表達對孔子的最高敬意。
之後,由台灣駐日代表許世楷代表來賓致賀詞。
許世楷說,以前他留學東京大學時,常從「御茶水」車站的月台望著湯島聖堂的屋簷

地的楷樹是一九一五年時,當時的農林實驗場場長白澤保美從山東曲阜的孔子墳前楷樹取種子回到日本栽種的,被譽為「學問之樹」。許世楷說台灣訂九月二十八日為孔子誕辰紀念日,也訂為教師節,是值得全國慶祝的節日,象征孔子在台灣的地位崇高,因此他認為今天能在這值得慶祝的日子受邀致賀詞,深感榮幸。許世楷致詞完畢之後,就舉行撤撰、閉祭壇門的儀式。

在外貌及裝飾上,湯島聖堂則顯現出與傳統孔子廟不一樣的特質,與一般中國境內之孔子廟有極大之差別。所有的構架及門窗都處理成黑色,屋頂則為銅綠色,有別於朱紅印象的傳統孔子廟,再加上幾無遊人,整體印象十分嚴肅。在建築的裝飾細部上,湯島聖堂更是與一般孔子廟有很大的差異,屋脊及構架上都出現一些甚為獨特的動物,其主要原因乃是設計者伊東忠太本身專研中國與日本古建築,經常企圖以獨特的語彙及動植物來創造一種新的日本建築,湯島聖堂也有這種特質。另一方面,湯島聖堂也應用了一些屬於日本神社建築之元素,如凈手台,因而我們甚至可以說,東京的湯島聖堂是一處日本化的孔子廟。

Nicholai 堂

正式名稱為日本基督教東正教會,東京復活大聖堂教會

是1681年從二國來日本傳教的Nicholai 大主教修建的占拜庭氏建築

尼古拉大教堂",東京都千代田區日本基督教正教會復活大聖堂的通稱。

相簿設定
標籤設定
相簿狀態